« 「堀病院」事件(その2) | トップページ | 会社パソコンの個人使用 »

2006年8月28日 (月)

テロ対策

本日の日経の記事です。

首相「言論封殺許されない」・加藤氏実家火災に初めて言及

私もそう思います。「暴力で言論を封ずるということは決して許されることではない。」

同記事によれば、首相は「自身の靖国神社参拝がナショナリズムをあおっていることはないと思う。」と述べたとのこと。そうであるかどうかに拘わらず、言論に対する暴力の行使は、テロであり、断固として許してはならない。靖国神社参拝について小泉首相が「先の大戦でなくなられた方々のご冥福をお祈りするため。」と述べていることに関連して、言論封殺が日本の大東亜戦争に進んでいった歴史と大いに関係があったことを思い起こしてしまう。

1932年(昭和7年)の五・一五事件では犬養毅首相が殺害された。1936年(昭和11年)の二・二六事件では、岡田啓介首相以下6人の要人が狙われ、高橋是清蔵相、斎藤実内大臣、渡辺錠太郎教育総監の3人が惨殺された。「動機が正しければ」と言った同情感、政治不信それにテロへの恐怖が民衆の間に広まっていったことが、大東亜戦争への一つの道になったと思うのである。

今は、当時と全く様子が違うので、単純に比較してどうの、こうのと言うのは誤りだと思う。しかし、教訓とすべきことはあるし、歴史から学ばなければならない。ビジネスでも、私は過去の失敗を活かすことが成功の秘訣であると思っている。

加藤紘一議員の事務所・実家焼失事件が8月15日であったことから、2週間近く立つ。日経の記事を読んでも「首相が公式に同事件に言及したのは初めて」とのことであり、こんなことでテロ対策は大丈夫なのだろうかと思ってしまう。勿論、事件の動機、背景や犯行内容といった詳細は未だ明らかになっていないが、私はこの事件はテロであろうと思っているし、国内のテロ対策の見直しを行っておいて損はないと思うのだが。

実は、今朝の朝日新聞の「風考計」に放火への沈黙 「テロとの戦い」はどうした という若宮啓文氏のコラムが掲載されていたのである。小泉首相の発言は、若宮啓文氏のコラムを読んだからではないよねと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 「堀病院」事件(その2) | トップページ | 会社パソコンの個人使用 »

コメント

sale@mp3.com

投稿: Eagles | 2007年9月21日 (金) 17時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138697/3233575

この記事へのトラックバック一覧です: テロ対策:

« 「堀病院」事件(その2) | トップページ | 会社パソコンの個人使用 »