« パロマ事故 | トップページ | 会社法 »

2006年8月15日 (火)

8月15日

8月15日の終戦記念日は、日本人にとって特別な日である。大東亜戦争が終わり、以後61年間日本は平和を保っている。今後ともこの平和が永遠に続いて欲しいと日本人のすべてが願っている。

ところで、“八月十五日は「終戦記念日」ではない”と書いている本がある。

あの戦争は何だったのか―大人のための歴史教科書 あの戦争は何だったのか―大人のための歴史教科書

著者:保阪 正康
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

保阪正康氏の“あの戦争はなにだったのか”の第五章であり、保阪正康氏の書いておられる文章をそのまま記載したのが以下である。

“だが、「戦争が終わった日」は八月十五日ではない。ミズーリ号で「降伏文書」に正式に調印した九月二日がそうである。いってみれば八月十五日は、単に日本が「まーけた!」といっただけにすぎない日なのだ。世界の教科書でも、みんな第二次世界大戦が終了したのは、九月二日と書かれている。”

私もウェブ上で、幾つか調べてみたのが以下である。

1) Wikipedia (英語)http://en.wikipedia.org/wiki/World_war_ii#Pacific_Theatre_5

The Japanese surrendered on August 14, 1945 (V-J day), signing the Japanese Instrument of Surrender on September 2, 1945, aboard the USS Missouri (BB-63) anchored in Tokyo Bay.

2) Britanica (Brief Summary版) http://www.britannica.com/ebc/article-9382944

Atomic bombs were dropped on Hiroshima and Nagasaki in August 1945, and Japan's formal surrender on September 2 ended the war.

3) HighBeam Encyclopedia http://www.encyclopedia.com/html/W/WW2.asp

On Aug. 14, Japan announced its surrender, formally signed aboard the U.S. battleship Missouri in Tokyo Bay on Sept. 2.

それぞれ該当部分のみ抜き出したのであるが、9月2日のミズーリ号での降伏文書への調印により太平洋戦争は正式に終了したと書いている。書面に正式に調印することにより戦争は終結するのである。

一方、8月14日と記載しているのは時差の関係かというと、むしろトルーマン米大統領による日本のポツダム宣言受諾の発表の日が8月14日であるからではないかと思った。トルーマン大統領の発表にある日本政府の通告(a message from the Japanese Government)とは、国立国会図書館のWebを調べてみると8月14日に東郷外務大臣から在スウェーデン加瀬公使にあてた電信があった。この電信の下記の部分がトルーマン大統領発表の“Following is the Japanese Government's message accepting our terms:”以降の1,2に相当する。

「一 天皇陛下ニ於カセラレテハ「ポツダム」宣言ノ条項受諾ニ関スル詔書ヲ発布セラレタリ

二 天皇陛下ニ於カセラレテハ其ノ政府及大本営ニ対シ「ポツダム」宣言ノ諸規定ヲ実施スル為必要トセラルベキ条項ニ署名スルノ権限ヲ与ヘ且之ヲ保障セラルルノ用意アリ又 陛下ニ於カセラレテハ一切ノ日本国陸、海、空軍右官憲及官憲ノ指揮下ニ在ル一切ノ軍隊ニ対シ戦闘行為ヲ終止シ、武器ヲ引渡シ、前記条項実施ノ為聯合国最高司令官ノ要求スルコトアルベキ命令ヲ発スルコトヲ命ゼラルルノ用意アリ」

厳密にいえば8月14日の宣言では用意あり(is prepared)と書かれている。9月2日の降伏文書においてポツダム宣言の明確な受諾他が行われたのである。 当然と言えば当然である。外交においてもビジネスにおいても文書を正式に取り交わすことにより明確になるのであり、明確になっていない部分では互いに異なった解釈があり得る。しかし、終戦がいつの日であるか、日本が平和国家を目指すことを決めたのがいつの日であるか、それは日本人にとっては昭和天皇が玉音放送(終戦の詔書)をされた8月15日でよいと私は考える。8月15日は単なる終戦の日ではなく日本人が平和国家を誓った日であると考える。

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« パロマ事故 | トップページ | 会社法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月15日:

« パロマ事故 | トップページ | 会社法 »