« ライブドア事件-投資事業組合 | トップページ | 産科医師-尾鷲総合病院 »

2006年9月16日 (土)

松本被告:死刑確定

オウム真理教の松本智津夫被告の裁判に関して、最高裁第3小法廷が、被告側の特別抗告を棄却する決定を出したことにより、松本智津夫の死刑が確定した。

あっけない終わり方だなと思いました。松本被告の裁判の経緯は以下のようになっています。

東京地裁では裁判が開かれ2004年2月27日に死刑判決が出された。しかし、東京高裁では弁護団が控訴趣意書を期限の2005年8月までに提出しなかった。その為、東京高裁は不提出を理由に裁判を打ち切り、2006年3月27日に控訴を棄却する決定をした。その翌日の3月28日に弁護団は控訴趣意書を提出し30日に異議を申し立てて控訴趣意書の受理を求めた。

東京高裁は5月29日に弁護団の異議を棄却した。その結果、弁護団は6月5日に、この異議を退けた5月29日の東京高裁決定を不服として、最高裁に特別抗告した。9月15日の最高裁決定とは、弁護団の特別抗告の棄却だったのです。即ち麻畑被告の犯行・犯罪内容についての審議は最高裁でも行われなかったし、高裁においては控訴した弁護側が控訴趣意書を提出しなかった。

裁判とは真理や真相を追求する場ではなく、争いに決着をつける場であると考えるべきであろうが、この結果も一連のオウム事件の結末の断面として予想されたことであったのだろうか。カルト教団による一連のテロ事件という整理で良いのだろうが、何故おきたのか何時の日か解明されることを期待する次第です。

参考に、最高裁の抗告棄却決定と読売新聞の記事。それに読売新聞のオウム関連過去記事を以下に掲げておきます。クリックで、開きます。

最高裁の抗告棄却決定

読売新聞の記

読売新聞のオウム関連過去記事

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ライブドア事件-投資事業組合 | トップページ | 産科医師-尾鷲総合病院 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138697/3458595

この記事へのトラックバック一覧です: 松本被告:死刑確定:

» オウム 松本被告 死刑確定 [王様の耳はロバの耳]
オウム・松本被告の死刑確定 最高裁が特別抗告棄却 (朝日新聞) - goo ニュース 坂本弁護士一家殺害・松本、地下鉄両サリン事件他で13件27名を殺害し5000名を超える重軽傷者を出した事件の中心人物である松本智津夫に死刑判決が確定した 一審死刑判決後、手続き上の問題で控訴審が開かれず判断が最高裁まで持ち込まれたオウム事件の中核である松本被告に対する特別抗告が棄却され死刑が確定した {/hiyo_shock1/} 1995年... [続きを読む]

受信: 2006年9月16日 (土) 12時46分

« ライブドア事件-投資事業組合 | トップページ | 産科医師-尾鷲総合病院 »