« 教育とは? | トップページ | ホリエモン裁判 »

2006年11月19日 (日)

ホリエモンの個人資産

1) ホリエモンの個人資産

共同通信:11月17日ー資産100何十億円と堀江被告 検察官に「悔い改めよ」という記事がありました。東京地裁で検察側の被告人質問で個人資産を問われ「有価証券などが100何十億円あり、現金や預金も数億円」答えたとのことです。同じ記事ですが、朝日:11月17日-堀江被告公判 検察「高株価の恩恵で女性と旅行」は、「欲のために使っていた」と報道しています。共同通信の記事は、続きを読むに入れておきます。

2) ホリエモンは一般株主の資金でこの個人資産を形成した

当然、ホリエモン個人の収入からですが、一般投資家からの資金で個人資産を作り、六本木ヒルズに住み豪華な生活を送っていたのです。ホリエモンの起訴理由に粉飾決算がありますが、この粉飾の内容は、ライブドア株の売却益を利益として計上したと言うことです。でも、ライブドア株の大株主はホリエモンであったのです。当然、ライブドア株をホリエモンは、高値売却しています。そして、高値で買ったのは、一般投資家ですから、一般投資家の資金がホリエモンに渡ったのです。現在ホリエモンが何株のライブドア株を保有しているか調べていませんが、100何十億円の有価証券と言うからには、ライブドア株以外の有価証券で、他の上場株式や国債、社債、投資信託等も含まれているのだと思います。

ちなみに、ライブドア株は、素人の投資家がムードで勝ってしまった感じがあると思います。この辺りについて、ホリエモンは独特のセンスを持っていたと思います。綿密に会社内容を分析したら、こんな訳のわからない会社に投資など出来ない。でも、近鉄球団を買収するなんて、ホワイトナイトの様なことを言うかわいい奴だと思わせる。

だから、悲劇ですね。私は豊田商事事件を思い出してしまいます。

3) 他の経済事件との違い

ホリエモンの保釈金は3億円でした。これと比べると、カネボウ事件の帆足元社長は800万円で、三井銀行から来た宮原元常務は500万円であった。山一証券の粉飾決算で起訴された行平元会長は、2500万円で、三木元社長は600万円であった。ホリエモンの保釈金は桁違いである。

カネボウ事件で起訴された帆足にしろ、宮原にしろ、ホリエンモンの様な個人資産形成はしていない。カネボウという会社の体質に巻き込まれてしまった。それは、山一証券事件も似たようなものと思う。彼らは、粉飾を正す勇気がなかったと言えば、それまでで、経営者として失格だったと言えるだろう。しかし、山一証券の自主廃業を涙を流して「社員は悪くありません。再就職できるようよろしくお願いします。」と発表したのは最後の社長野沢正平であったが、会社が信用を失い、多くの社員を路頭に迷わせることを恐れて、粉飾を正すことが出来なかった。自分の私利私欲よりも、サラリーマンとして会社のため、社員のため、取引先のために回りを見失ってまでもがむしゃらに働いたというのが実体に近い気がする。

ホリエモンは古い経営者とは異なるというより、自分のことしか頭になく、人を騙すのが上手な人間が、たまたま金脈にぶつかったときに形成される人物なのかなと思う。

4) ホリエモンの所得税

2004年の高額所得税納税者第一位は約36億9000万円を納税した東京都内の投資顧問会社部長の清原達郎さん(46)で推定収入額100億円ということでした。ホリエモンは1400万円だったと言うことです。

何故、ホリエモンは節税が可能であったかというと、証券税制です。現在、上場株式は譲渡益の7%所得税+3%地方税ですが、創業者の場合で上場後3年以内に譲渡する場合は、1/2の税率となります。証券税制が目まぐるしく変わっていますが、いずれにせよ低い税率でしか課税されないので、100何十億円の資産は作るが、払う税金はほんの少しという構造は可能でした。

これって、インサイダー取引ではないのと思うのですが、ホリエモンがインサイダー取引で起訴されたと報道されていないことから、検察もインサイダー取引の証拠を掴めなかったのかなと思っています。どのみち、ホリエモンは、全てふてぶてしく否定するでしょうが。

5) ストックオプションの所得税の訂正

11月12日のエントリーファンド・マネジャーFortressの株式上場の2)でストックオプションで株式を入手すると税金がかかると書いたのですが、租税特別措置法第29条の2(特定の取締役等が受ける新株予約権等の行使による株式の取得に係る経済的利益の非課税等)により非課税あつかいになるだろうと思いました。但し、権利行使価額の年間の合計額が、千二百万円を超えない部分についてのみですが。

売却した際には、売却益に税金はかかります。いずれにせよ、ストックオプション自体、会計面、税務面はそうとうややこしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ライブドア事件

2006年11月17日

資産100何十億円と堀江被告 検察官に「悔い改めよ」


 ライブドア(LD)の粉飾決算事件などで、証券取引法違反の罪に問われた前社長堀江貴文被告(34)の第23回公判(小坂敏幸裁判長)は17日午後も東京地裁で続き、堀江被告は個人資産を問われ「有価証券などが100何十億円あり、現金や預金も数億円」と明らかにした。検察側の被告人質問に答えた。

 堀江被告が検察官の質問に「心がねじ曲がっている。悔い改めた方がいい」「揚げ足を取ろうとしている」と反発する場面もあった。

 午後の被告人質問で、検察官は堀江被告が設立した「ホリエモン情熱ファンド」や同ファンドが購入したジェット機、約20億円の宇宙事業投資などについて「ジェット機で女性と旅行した」「欲望や趣味のために使った」と追及。個人資産もただした。

 堀江被告は「ジェット機は仕事にほぼ使っていたし、旅行に行ったっていいじゃないですか」とした上で「悔い改めよ」と言い放った。

2006年11月17日共同通信

|

« 教育とは? | トップページ | ホリエモン裁判 »

コメント

おいちょっとまて、お前日本語も読めないのか?
起訴理由にも逮捕理由にも粉飾決算なんて無いぞw
勝手に容疑を捏造してんじゃねぇよ嫉妬豚w

投稿: お前はアホだ | 2011年2月 2日 (水) 18時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138697/4236697

この記事へのトラックバック一覧です: ホリエモンの個人資産:

» ホリエモンと検察官互いに激高→裁判長が制止 [ニュース落穂拾]
★<ライブドア公判>堀江前社長と検察官が激高、裁判長が制止 ・証券取引法違反に問... [続きを読む]

受信: 2006年11月21日 (火) 22時45分

» バイクVSジェット機・・驚きの結果です。 [どーでも動画【youtube】]
バイクとジェットで競争??ジェト機が勝つに決まってんだろ。・・常識的に考えて。えーっと^^;なんだ!?このバイク!! [続きを読む]

受信: 2006年11月22日 (水) 15時55分

» 税金対策で効率よく節税しましょう。 [税金 対策 情報ナビ]
税金対策は正しい情報を収集して、効率よく節税しましょう。 [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 00時55分

» 本当にあった!完全合法なのに税金を0円にできるこの方法 [節税を超える!税金0円の勧めー法人税・所得税対策]
情報起業家が危ない禁断の●●租税対策とは?いくら節税をしたところでこれ以上のものはありません税金を0円に出来るのです。単なる経理財務の処理ではなく起業する段階で完全非課税事業とする方法をお教えします。それは世界的にもっとも新しい起業方法なのです。 [続きを読む]

受信: 2006年11月29日 (水) 15時26分

» 株もいいけど、為替もいいかも?これなら勝てる!驚愕の為替取引必勝法とは? [誰でも勝てる!外国為替証拠金取引(FXトレード)必勝法]
初心者必見!今話題の外国為替証拠金取引(FXトレード)の必勝法を無料で差し上げます。 [続きを読む]

受信: 2006年12月15日 (金) 00時44分

« 教育とは? | トップページ | ホリエモン裁判 »